診療科のご案内

神経内科

脳神経内科とはどんな病気を扱う内科でしょう?

 脳神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。その症状はしびれやめまい、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、むせる、しゃべりにくい、物が二重に見える、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、物忘れ、意識障害などたくさんあります。
 心療内科や精神科とは異なり、精神的な問題からではなく脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱います。

疾患の種類としては

脳梗塞・脳出血などの脳卒中、脳炎・髄膜炎などの感染症、けいれんや片頭痛、神経難病(パーキンソン病、重症筋無力症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症)、筋炎や末梢神経障害などです。

受診に際して

外来受診希望の方はあらかじめ予約の上、受診してください。「お薬手帳」又は、お薬のリスト、あるいはお薬自体を全部持参して下さい。

担当医紹介

江口 郁代

江口 郁代  
専門分野 脳神経内科
新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。 メディア掲載情報
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間9:00~20:00
交通アクセスはこちら
看護部