診療科のご案内

リハビリテーション部門

言語聴覚療法(摂食機能療法を含む)

ことばの理解や表現がうまく出来ない(失語症)、呂律が回らない(構音障害)などの言語障害や物忘れが激しい(記憶障害)、集中出来ない(注意障害)などの高次機能障害に対して評価・訓練を行います。また、飲み込みにくい、むせるなどの摂食嚥下障害には、嚥下造影検査(VF)を用いて評価・訓練を行います。

言語・高次脳機能訓練

失語症や構音障害などの言語障害、記憶障害や注意障害などの高次脳機能障害の方に検査をして、患者さまの症状にあわせて訓練を行います。

摂食嚥下訓練

摂食・嚥下障害の方に嚥下機能の検査をして、訓練を行います。
在宅や施設等に退院される際に、食物形態や食事摂取時の姿勢など、安全に食べ続けられるように指導しています。

NST委員会に参加

  • 栄養サポートチーム(NST)と協力し、患者さまの栄養状態にあったリハビリを行います。

老人福祉施設への出向

  • 施設スタッフと連携して、言語聴覚療法を行っています。
新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。 メディア掲載情報
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間9:00~20:00
交通アクセスはこちら
看護部