診療科のご案内

内科

NBI搭載の最新内視鏡システム

院は、NBIを搭載した最新の内視鏡システムを導入しています。

NBIとは?

Narrow
Band
Imaging
 =狭帯域光観察
EVIS_LUCERA_ELETE
狭帯域光観察とは?

粘膜内の血管などをより鮮明に観察しやすくするために開発されました。
血液中のヘモグロビンが吸収するように狭帯域化された青と緑の2つの波長の光を照射することにより、血液が濃い茶褐色に染まって表示され、微細血管像のコントラストを増強して画像表示出来るのが、狭帯域光観察です。
NBI

がんの増殖には、血管からの栄養補給を必要とするため、病変の近くの粘膜には、多くの血管が集まりやすくなると考えられています。

狭帯域光観察では、毛細血管の集まりやそのパターンなどが鮮明に表示され、通常光による観察では見えにくかったがんなどの早期病変の観察において有用性が期待されています。

食道の画像比較

通常光観察画像  狭帯域光観察画像
通常光撮影 狭帯域光撮影
狭帯域光観察では、粘膜表層の毛細血管が強調されて表示されます。

新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター 消化器内視鏡センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。 メディア掲載情報
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間13:30~17:00
交通アクセスはこちら
看護部