診療科のご案内

新潟股関節センター

人工股関節置換術とは

関節疾患の場合でも、程度が軽い場合は、投薬療法や理学運動治療といった保存的療法で症状を和らげることができます。

しかし、激しい痛みが継続する場合や、股関節の動きの制限がつよく、歩行などの日常生活動作に改善が見込めない場合、あるいは関節リウマチで股関節が著しく破壊された場合に、人工股関節置換術などの手術療法が必要になります。

人工股関節置換術とは、傷ついた股関節を、関節の代替として働くインプラントと呼ばれる人工股関節部品に置き換える手術です。通常、医師は特殊な精密器具を使って骨の損傷面を取り除き、そこへ代わりのインプラントを固定します。

人工股関節は大腿骨側にステムとボールを挿入し、骨盤側にカップとカップの内側にはめ込むライナーを設置します。ステムとカップは金属でできています。ボールは金属やセラミックから作られています。
ライナーは、超高分子量ポリエチレンというプラステックやセラミック、金属などから作られ、磨耗を防ぐ軟骨の役目を果たしています。ボールがカップに組み込まれれば、スムーズな動きが得られます。

関節のしくみ

関節のしくみ

股関節は球関節(ボールと受け皿の関節)として知られており、大腿骨(太ももの骨)の丸い骨頭が骨盤の臼蓋という受け皿にはまり込んでできています。
股関節は軟骨や筋肉、腱に囲まれ、補強されています。
こうした組織が股関節をサポートし、安定性やスムーズな動きを与えています。

関節疾患について

股関節が痛む主な原因として、次に挙げる関節疾患があります。

変形性関節症

変形性関節症
健康で正常な股関節において、肢(あし)を動かすことは骨頭表面の軟骨がクッションとなり、痛みを生じません。
しかし、生まれつき股関節がずれていたり(先天性股関節脱臼)、骨盤の発育不全(臼蓋形成不全)などがあると、成長による体重増加などでクッションが潰れて機能しなくなり、骨頭と臼蓋がこすれあって、痛みや運動障害を招く病気、変形性関節症となります。
関節リウマチ

関節リウマチ
関節リウマチのような関節炎では、関節の中にある膜が炎症を起こします。炎症により放出された化学物質が関節の軟骨や骨を破壊し、痛みや腫れを引き起こします。
大腿骨頭壊死

大腿骨頭壊死
大腿骨(太ももの骨)が、血流障害のために、もろくなってつぶれてしまう疾患です。ステロイド治療により誘発されるものやアルコール多飲によって起きる原因のはっきりしない特発性の大腿骨頭壊死と、大腿骨や骨頭の骨折後におきる外傷性の骨頭壊死があります。
外傷
事故などの衝撃が原因で、股関節脱臼や骨折を起こすと、後遺症として関節の軟骨が変性する病気になる場合があります。
治療法は?
股関節の病気では、程度が軽い場合は、投薬や理学運動療法といった保存的療法で症状を和らげることができます。
ただし、激しい痛みが継続する場合や、歩行などの日常生活動作の障害に回復が見込めない場合、また関節リウマチが進行した場合には、人工股関節置換術などの手術療法が必要になります。

リハビリテーション

リハビリの目的

関節の安定を保つ役割を果たしている筋肉や腱は、動かさないとすぐに弱ってしまいます。
術前あるいは術後できるだけ早期にリハビリを行うことによって、筋肉が衰えるのを防ぎ、また、術後の拘縮(固まって動かしにくくなること)を防いで、早く日常生活へ復帰することができます。

開始時期

術翌日からリハビリを開始します。

リハビリの種類
病室で・・・
  • ベッドの端に腰掛け、脚を下に垂らす
  • 歩行器を使った歩行訓練(術翌日から開始)
リハビリ訓練室で・・・
  • 歩行器や杖を使った歩行訓練
  • 階段を昇る訓練
  • 靴下を履く動作、正坐など日常生活の基本動作の練習
  • 自転車をこぐ動作
  • 術翌日から病室で歩行器を使った歩行開始

  • 杖を使った歩行訓練

  • 術後1週でシャワーや入浴が可能

  • 階段を昇り降りする訓練

    1. 平地を1本杖あるいは支持なしで歩ける
    2. 階段を手すりや杖を使って昇り降りできる
    3. シャワー、入浴時、ひとりで着替えられる

    1~3が可能なら退院できる

術後直後の脱臼について

手術後3週間は脱臼しやすい時期です。ベッドで体を動かす場合は必ず医師、看護士の指示に従いましょう。脱臼は下に示す二つの姿勢で起こるので、特に術後3週間は注意して以下の姿勢を避けましょう。

新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。 メディア掲載情報
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間9:00~20:00
交通アクセスはこちら
看護部