診療科のご案内

外科・肛門外科

基本理念

地域の中核病院として、地域住民のニーズに合った医療を中心としながら、質の高い高度な外科治療を提供いたします。

診療方針

  1. 他科との連携を密にとり、患者さまの病状に合わせた治療を行います。
  2. 消化器疾患・肛門疾患を中心に専門的かつ最先端の医療が提供できるよう努めます。
  3. 地域にある開業医との連携を深め、地域住民がいつでも診療できる体制を整えます。
  4. 大学病院などの総合病院との連携を深め、患者さまが満足できる医療を提供します。

各科の特色

○ 外科
胃がん、大腸がん、胆石症などの消化器疾患、乳腺疾患、腹部のヘルニアなどを対象に診断・治療を行なっています。がん治療では、内科と連携し、ガイドラインに沿った進行度に応じた過不足のない治療を原則に診療を行っています。外来化学療法室を拠点に、消化器がん、乳がんを中心に必要な患者の皆様に対し抗がん剤治療を行っています。胆石症に対しては腹腔鏡下手術を導入しています。ヘルニア(いわゆる脱腸:鼠径ヘルニア・大腿ヘルニアなど)に対しては、旧来の方法に比べ痛みが少なく、再発率も低いメッシュ(網目状の人工膜)を用いた手術を行っています。

○ 肛門外科
痔核(脱肛・イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(穴痔)、肛門周囲膿瘍、肛門ポリープ、直腸脱などを対象に診断・治療を行っています。
痔に対しては、手術のほかに、ジオン注による硬化療法、外来で治療が行える痔核結紮療法、硬化療法などを行っています。
認定施設
  • 日本外科学会外科専門医関連施設
  • 日本消化器外科学会専門医関連施設
  • NCD診療科登録(NCD解説資料)

担当医紹介

植木 秀功 副院長
資格 日本外科学会指導医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
専門分野 消化器外科・肛門外科

中平 啓子 外科部長
資格 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
がん治療認定医
専門分野 消化器外科・肛門外科
大矢 洋

大矢 洋 外科部長
資格 日本外科学会指導医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本移植学会認定医
専門分野 消化器外科・肛門外科
大矢洋医師からのご挨拶
新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間9:00~20:00
交通アクセスはこちら
看護部