診療科のご案内

内科

 

内視鏡Q&A

Q. 内視鏡検査は予約制ですか?
A. 内視鏡検査をお受け頂くには、事前に診察が必要となります。まずは、外来診察でご相談下さい。
Q. 胃内視鏡検査は苦しくありませんか?
A. 胃の内視鏡は、経口と経鼻を選んでいただくことができます。前処置で麻酔も使用し、ご希望があれば鎮静剤も使用できます。少しでも苦痛を軽減するように努めています。
Q. どんな時に胃内視鏡検査を受ければいいのですか?
A. 次のような症状がある時に検査をお勧めします。
★最近胃が痛む・ムカムカする・重い
★胸焼けがする・食欲がない
★便が真っ黒だった
★お腹が空くと胃が痛む
早期発見のためには定期的に検査を受けましょう。
Q. どんな時に大腸内視鏡検査を受ければいいのですか?
A. 次のような症状がある時に検査をお勧めします。
★便に血が混じる
★下痢や便秘を繰り返す
★よくお腹が張る
早期発見のためには定期的に検査を受けましょう。
Q. 内視鏡検査で他の患者さんの病気がうつりませんか?
A. 1回1回器機にかけて洗浄・消毒を行っております。 ご安心して検査をお受け下さい。
Q. 検査後、すぐに車を運転しても大丈夫ですか?
A. 検査後、十分な休息をとっていただければ、基本的には運転をして帰ることができます。
Q. 大腸ポリープを切除する時に痛みはありますか?
A. 大腸の粘膜には神経がないため、切除の時には痛みを感じません。
Q. 検査の費用はいくらくらいですか?
A. 保険請求3割負担の場合
胃内視鏡検査:約3,800円
大腸内視鏡検査:4,650円 + 検査前準備薬:約3,200円
胃内視鏡検査の詳しい料金はこちら、大腸内視鏡検査の詳しい料金はこちらをご覧ください。
Q. 鎮静剤は使用することができますか?
A. 胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査共に、ご希望があれば使用することができます。
内視鏡に強い抵抗がある方や、以前苦しい思いをして受けることが不安な方は、医師にご相談下さい。

新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター 消化器内視鏡センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。 メディア掲載情報
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間13:30~17:00
交通アクセスはこちら
看護部