診療科のご案内

消化器内科(内視鏡)

大腸カプセル内視鏡検査とは

大腸カプセル内視鏡検査

超小型カメラを内蔵した長さ31.5mm×11.6mmのカプセルを口から飲み込む内視鏡検査です。大腸カプセル内視鏡が2014年1月から保険適用になりました。カプセル内視鏡は、水と一緒に飲み込まれたあと、腸管内部を進みながら内蔵の小型カメラで写真を撮影していきます。ポリープの有無の確認などの大腸疾患の診断に使われます。

特徴

カプセル内視鏡の消化管通過による痛みがありません。
麻酔や鎮静剤が不要です。
放射線被ばくの心配がありません。
大腸内視鏡を肛門から挿入しなくてもよいため、「恥ずかしい」「怖い」などの精神的負担がありません。
大腸内視鏡検査が施行困難で、過去に全大腸の検査が受けられなかった方などが保険適用となります。

注意事項

大腸内視鏡検査と同様に、事前に下剤を飲んで大腸をきれいにする必要があります。さらに、大腸カプセル内視鏡を飲んだ後にも、カプセル内視鏡の排出を促すために、追加の下剤を飲む必要があります。
検査時間には個人差があり、3時間から10時間(平均5~6時間)を要し、検査中は病院内で過ごしていただく必要があります。
ポリープの有無は調べられますが、切除はできません。また生検もできません。病変の疑われる患者さんは、内視鏡で詳しい検査をする必要があります。
腸に狭窄(きょうさく)がある場合には、検査を受けることができません。
誰もが大腸カプセル内視鏡を保険適用で受けられるわけではありません。

メリット デメリット
痛みが無く、麻酔や鎮静剤が不要。 ポリープなどの病変切除や組織採取ができない
「こわい」「恥ずかしい」などの精神的負担がない 前処置の後も検査中も下剤を飲む必要がある
放射線被ばくのリスクが無い 検査時間が長い(3-10 時間で個人差があるが平均5-6 時間)
大腸内視鏡検査が施行困難で、過去に全大腸の検査が受けられなかった方なども検査が行える(この場合は保険適用)

検査の流れ

検査1週間前

診察時
医師から検査内容の説明を受けてください。医師から検査説明書、リーフレット、検査同意同意書を受け取ってください。検査前日と当日に内服する腸管洗浄用薬剤と、検査当日のブースター用案剤を受け取ってください。

検査前日

朝・昼・タ
お粥や素うどんなと、消化の良い食事を摂取してください。

21:00頃
処方された下剤を内服してください。

検査当日

絶食してくたさい。
8:30
病院にお越しいただき、受付を済ませてください。内視鏡室受付スタッフに検査同意書を提出してください。ニフレック 最大1,000mlを1時間かけて内服してください。(便に固形物がなくなった時点で内服終了〕
10:00
センサーとレコーダを装着し、カプセル内視鏡を適量の水で内服していただきます。

11:00レコーダ表示1
医師がカプセルの小腸到達を確認し、一時帰宅していただくか、外来でお待ちいただきます。

13:00レコーダ表示2
ひまし油(30mlとニフレック 500mlを内服してください。 水、お茶、スポーツドリンクなどを多めに飲むように心掛けてください。自宅滞在中、1時間に5分以上頑張って歩行してください。
15:00レコーダ表示3
ひまし油(30ml)とニフレック500mlを内服してください。水、お茶、スポーツドリンクなどを多めに飲むように心掛けてください。
17:00レコーダ表示4
再度来院し、内視鏡室受付スタッフに声を掛けてくたさい。再来院までにカプセルが排出されていれば、受付スタッフに回収したカプセルを提出してください。カプセルが未排出の場合、坐薬か浣腸を検討することがあります。

17:30
カプセルの排出未排出にかかわらず、センサアレイとレコーダを取り外し、検査を終了します。次回診察日を確認してください。
※上記時間は目安ですので、カプセルの進行状況により大きくずれ込むことがあります。
※レコーダに番号が表示される際にはブザーとバイブレーションが作動しますので、
レコーダ正面向かって右上にあるボタンを長押してください。ブザーとバイプレーションが止まります。

検査費用

保健適用について

保険適用となる条件は下記となります。

  • 通常の大腸内視鏡検査を行ったが、腸管癒着などにより最深部まで内視鏡が挿入できず、大腸全体を観察できなかった人
  • 腹部の手術歴があるなど内視鏡の挿入が困難と判断された人

大腸がん検診などで検査を行う場合、保険適用外となる場合があります。詳しくはお問合せください。

検査費用一覧

保険適用(3割負担)の場合 31,000円程度
自由(自費)適用の場合 100,500円程度

※別途、診察料が必要となります。

Q&A

Q. カプセル内視鏡は、どのような場合に用いるのですか?
A. 手術後の癒着などで内視鏡の挿入が難しい方にお勧めしています。また、胃カメラの検査が苦手な方や、どうしても抵抗感を覚える方は、遠慮なくご相談ください。
Q. 保険が適用されるのでしょうか?
A. 手術歴があり、医師が必要と認めた場合は適用可能です。単に「通常の内視鏡が嫌だ」というだけでは、自由診療になる場合がございますので、ご了承ください。
Q. カプセル内視鏡を使った胃の検査は可能ですか?
A. 当院ではお受けしていません、大腸,小腸のみとなります。検査時には胃を大きく膨らませますので、小さなカプセルには不向きなためです。
Q. カプセル内視鏡のデメリットは何でしょう?
A. 微細な観察に向いていないことです。また、機材のデメリットとは異なりますが、下剤を飲む量が多いので、患者さんの負担もそれなりに増えます。
新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間9:00~20:00
交通アクセスはこちら
看護部