病院のご案内

看護部

理念・方針

■ 理念
私たちは、患者さまの人権を尊重し、最善の看護を提供します。
■ 方針
    1. 患者さまの立場に立った看護を提供する。
    2. 職員教育の充実を図り、業務の検討を行い、看護の質の向上を目指す。
  1. 他部門の機能を理解し、良いチームワークをつくり、患者サービスの向上を図る。
看護ケアの3要素を大切に!
あなたの成長を応援します

組織図

看護部委員会

看護基準・手順委員会 看護基準・手順の作成、修正、活用の徹底

看護手順活用の徹底

プリセプターシップ委員会 新人看護職員研修の企画・運営

プリセプター教育

継続教育委員会 現任教育研究の企画・運営

各病棟との教育の連携

看護研究委員会 看護研究の指導
看護研究発表会の実施
看護記録委員会 看護記録の充実のため、記録の検討・監査
看護必要度に関すること
リスク対策委員会 ヒヤリハット事例の検討

安全対策の検討・実施

認知症ケア委員会 認知症ケアに関する院内研修の企画・運営

認知症マニュアルの見直し検討

臨地実習委員会 実習の教育・支援体制の検討

実習環境の整備

継続教育

クリニカルラダー
看護師の臨床実践における能力を段階的に示したもので、看護の質の向上と看護職員のエンカレッジを目的としたキャリア育成のためのシステムです。

目標管理
組織の目標達成を図るために自分の役割を認識し、一人ひとりが能力にあった目標を立て、それをクリアすることで組織目標達成を図りながら自己成長することを支援するシステムです。
院外研修
県看護協会や出版会の研修会など積極的に参加しています。

新人教育

看護の基礎教育を学校で修了し、新しく看護師として仕事を始める人、あるいは職場を新たに変える人には、誰でも期待とともに不安を抱えています。
当院では、新採用者を迎えるにあたって、できるだけ早く不安を無くし、職場の雰囲気に馴染んで日常業務ができるように指導・援助する方法として、プリセプターシップを導入しています。

部署紹介

外来 外来は治療や検査の始まりであり、患者さんは大きな不安を抱えている状況でもあります。患者さんが疾患の理解を深めて対処できるよう支援しています。
また、急性期病院として年間1,100件を超える救急搬送を受入れています。地域の皆様から信頼され、安心して治療が受けられる外来を目指しています。
手術室・中材 手術が安全に円滑にすすむように他職種と連携して支援しています。
また術前訪問を行い、患者様が少しでも安心して手術を受けていただけるようにパンフレット等を使いながら説明しています。
3階北病棟 内科
脳外科
整形外科
地域包括ケア病棟で、主に内科、脳外科、整形外科の患者様が多いです。
整形外科の急性期治療を終えた患者様の在宅復帰支援を行ったり、施設や在宅で具合が悪くなった時の緊急で受け入れをする病棟です。
ソーシャルワーカーや理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士等と定期的なカンファレンスを行い、患者様やご家族が不安なく在宅復帰できるように支援しています。
3階南病棟 整形外科
産婦人科
産婦人科と整形外科の病棟です。
産科は、陣痛発来から助産師が関わり、安全・安楽な出産の援助を行っています。母乳育児を推進し、安心して妊娠・出産・育児ができるように母児に寄り添った看護を行っています。 
婦人科は、子宮脱・子宮筋腫の手術が多く、術後の症状に応じた生活指導をい安心して退院できるように援助しています。
整形外科は、主に変形性股関節症、大腿骨骨折などの手術目的での入院がほとんどです。リハビリと連携しながら、日常生活動作が拡大されるように援助し、退院を視野に入れた関わりを持ち安心して退院できるように援助しています。
4階北病棟 脊椎外科
泌尿器科
脊椎外科と泌尿器科の病棟です。
脊椎外科は、長年疾患特有の症状に悩まされてきた患者様に対し、専門的な知識を活かした寄り添う看護を行っています。
泌尿器科は急性期から終末期までの患者様に対し、QOLの向上を念頭に置き、寄り添った看護を行っています。
4階南病棟 整形外科
形成外科
整形外科と形成外科の病棟です。
膝関節や肩関節の治療をはじめ骨粗鬆症や四肢の骨折等外傷での入院が大半を占めています。
急な入院に対する患者様やご家族の不安軽減に努め、早期リハビリの開始を目標に置き、スムーズに退院後の生活に移行できるよう看護を行っています。
5階病棟 内科
外科
内科と外科の病棟です。
院内で一番病床数が多く60床あります。 
主に、消化器疾患の患者さんが多く、手術や検査、内視鏡治療、ターミナルケア、在宅復帰支援など看護師の力が発揮できる病棟です。
様々な受ける患者さんが安心して療養生活が送れるように、看護師一同日々励んでいます。

看護職員紹介

リウマチケア看護師 当院では、自己注射に対する不安や薬の副作用、緊急時の対応、セルフケア全般を患者様の理解度に合わせて療養指導を行っています。リスク因子や患者様の行動様式などもアセスメントしながら指導を行っています。
また、知識やセルフケアについて、最新の情報などを掲載した関節リウマチ通信を年4回発行しています。
糖尿病療養指導士 糖尿病の患者様が合併症を発症せず、日常生活が送れるように支援しています。
栄養士・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士等と連携し、糖尿病教室を開催し、患者様に糖尿病に対して正しい知識を深めてもらい、不安に対しての相談を行っています。
骨粗鬆症マネージャー 骨粗鬆症の予防、診断と治療とを提供し、また広く社会啓発活動を行うことを目的としています。
院内でOLS委員会を発足し、医師・薬剤師・栄養士・理学療養士・作業療養士・社会福祉士・IT部・事務員等と共に活動しています。
主に、大腿骨近位部骨折の患者様の再骨折予防に取組んでいます。
認知症ケア専門士 高齢社会の中、認知症患者の数は急速に増加しています。身体疾患で入院する患者さんの中でも、基礎疾患として認知症を併存している高齢者が増えており、治療がスムーズにいかないケースも見受けられます。
安全・安心な入院生活が送れるように、パーソンセンタードケアを理念に、認知症ケアの充実を目指し活動しています。「認知症ケア専門士」とは、一般社団法人日本認知症ケア学会認定の資格です。
アドバンス助産師 助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)“CLoCMiP(クロックミップ)”レベルⅢ認証制度。 アドバンス助産師は自律して助産ケアを実践できる能力を認証されています。
当院にはアドバンス助産師が2名います。他の助産師と協力し助産外来を行なっています。
内視鏡技師 内視鏡検査を受ける患者様の不安や緊張に寄り添った看護をしています。
医師を中心としたチームで患者さんの不安の軽減、苦痛の緩和等安全且つ安心して検査が受けられよう援助しています。
日本消化器内視鏡技師会認定の資格です。

先輩看護師から

入社2年目
私が所属している5階病棟には主に消化器内科の患者様が入院しています。様々な検査や処置があり、日々学ぶことが多いです。
忙しく、大変な事も多いですが知識が増えることや、できる技術が増えることはとても楽しく、やりがいを感じています。患者様と関わっていると元気をもらい、自然と笑顔になっていることが多いです。私も患者様の支えとなれるよう、努力したいと思います。患者様とのコミュニケーションを大切にし、一人ひとりに寄り添った看護ができるよう成長していきたいです。


入社2年目
先輩方に支えられ職場の雰囲気も良く、自然と馴染むことができました。
新しく学ぶことも多いですが、知識が増えることは楽しくやりがいを感じています
患者様とのコミュニケーションの場と笑顔を大切にし、よりよい看護が提供できるよう頑張っています。


入社2年目
私が所属している4階南病棟には、主に急性期整形外科の患者様が入院しています。周術期看護は難しく、入職から2年が経とうとする現在も日々の勉強は欠かせません。しかし、手術やリハビリを乗り越えた患者様が笑顔で退院されていくことが大変嬉しく、自ら知識を深めようと意欲的になっているように感じます。
4階南病棟はPNSが導入されており、ペアで仕事をするため1対1で技術の習得ができるだけでなく、先輩の考え方をも学ぶことができます。また、院内外の研修も充実しているため、自分が目指す看護を学ぶための環境は充分に整っていると思います。この環境を活かし私もよりよい看護を提供できるように精進していきます。


入社2年目
育児と仕事との両立。育児短時間勤務制度を利用させてもらっています。
先輩たちのなかには同じく子育てしながら働いている人が多く、理解や協力を得ながら働いています。
いつも助けてもらっていることで自然とモチベーションがあがり、私も患者さんにとっての支えになれるよう日々頑張っています。


入社2年目
産婦人科と整形外科の混合病棟に勤務しています。主に周術期の患者様を対象に働いています。
急性期の病院ということもあり在院日数が短く、あっという間に退院することが多いです。
高齢者の入院も多く退院調整にむけ様々な多職種と関わり、患者様や家族の希望に添えられる日々学んでいます。
まだ看護師としての経験も浅く、技術や知識も未熟ですが、患者様が笑顔で入院生活を送れるよう患者様に寄り添った看護が提供できるような看護師に成長したいです。

病院より徒歩5分の場所に、看護宿舎を完備しています。

〈家賃〉
 1年間 1ヶ月 1万円
 2年目 1ヶ月 1万5千円
 光熱費別途徴収
 女子寮

新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間9:00~20:00
交通アクセスはこちら
看護部