病院のご案内

平成30年度 亀田第一 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 30 50 46 112 187 248 634 831 766 383

平成30年度当院を退院された患者様を10歳刻みで集計しています。年齢は入院した時点での年齢で集計しています。
退院患者総数に占める70歳以上の割合60.2%となっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 68 43.76 20.92 2.94 87.56
100380xxxxxxxx 体液量減少症 47 36.74 9.12 6.38 89.72
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 39 10.08 5.42 2.56 64.18
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 38 3.29 2.67 0.00 72.13
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 33 19.33 12.58 6.06 84.00

平成30年度中に退院した患者さんを医療資源を最も投入した傷病名の分類(DPC)コードで表した表です。
全国平均在院日数は、平成30年度の全国平均在院日数を掲載しています。
内科では誤嚥性肺炎が最も多く、平均年齢も87歳と高齢者が多いため、再発を繰り返すことも多く入院期間が長い傾向があります。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 61 4.57 4.96 0.00 65.15
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 27 3.78 5.78 0.00 49.15
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 21 3.00 4.80 0.00 62.52
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 19 4.95 5.49 0.00 43.21
060035xx99x4xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 13 3.00 4.45 0.00 63.23

平成30年度中に退院した患者さんを医療資源を最も投入した傷病名の分類(DPC)コードで表した表です。
全国平均在院日数は、平成30年度の全国平均在院日数を掲載しています。
外科では鼠経ヘルニアが最も多く、平均在院日数も全国平均より短くなっています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 191 33.91 26.30 21.99 83.25
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 169 12.70 16.80 0.00 71.13
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 136 15.02 22.27 1.47 63.32
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 125 3.14 2.79 0.00 70.83
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 82 15.71 20.71 1.22 67.35

平成30年度中に退院した患者さんを医療資源を最も投入した傷病名の分類(DPC)コードで表した表です。
全国平均在院日数は、平成30年度の全国平均在院日数を掲載しています。
整形外科では大腿骨近位部骨折が最も多く、次いで脊柱管狭窄、変形性股関節症の順となります。
変形性股関節症、脊柱管狭窄については平均在院日数が全国平均よりも短くなっております。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 68 9.16 8.86 0.00 70.19
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 16 11.75 9.87 0.00 46.56
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 15 10.73 9.70 0.00 34.33
120140xxxxxxxx 流産 2.45
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 9.63

平成30年度中に退院した患者さんを医療資源を最も投入した傷病名の分類(DPC)コードで表した表です。
全国平均在院日数は、平成30年度の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10人未満の場合ハイフン(-)で表示されています。
産婦人科では膀胱瘤が最も多く、次いで子宮筋腫の順となります。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 40 3.08 2.53 0.00 70.18
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 17 10.29 12.58 0.00 69.12
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 7.20
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 7.13
110310xx99xx1x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病あり 22.63

平成30年度中に退院した患者さんを医療資源を最も投入した傷病名の分類(DPC)コードで表した表です。
全国平均在院日数は、平成30年度の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10人未満の場合ハイフン(-)で表示されています。
泌尿器科では前立腺癌治療が最も多い症例となります。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 10 1 6,7
大腸癌 11 22 15 43 23 1 6,7
乳癌 1 6
肺癌 1 6,7
肝癌 1 6

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者様の人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しております。
患者数が10人未満の場合ハイフン(-)で表示されています。
当院では大腸癌の症例が多い傾向があります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 39 19.95 84.05
重症 25 31.96 88.20
超重症 11 77.82 86.55
不明

成人市中肺炎の患者様を重症度別に集計しております。患者数が10人未満の場合ハイフン(-)で表示されています。
重症度は、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)を用いて分類しております。
当院で患者数が多いのは中等症が最も多く、次いで重症、超重症の順となります。年齢も80歳以上の方が多く、在院日数も長くなっております。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 16 57.44 84.44 11.76
その他

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しております。
患者数が10人未満の場合ハイフン(-)で表示されています。
当院では脳梗塞発症後3日以内に入院される患者様が多く、80歳以上の高齢者の方が多い傾向があります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 36 1.19 1.75 0.00 71.97
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 1.95 7.50 0.00 79.91
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 14 0.71 4.86 0.00 79.21
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 14 3.36 10.21 7.14 80.64
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 14 1.57 2.29 0.00 73.57

平成30年度中に退院した患者さんに実施した手術件数を表しています。
内科では内視鏡治療を中心に、内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2㎝未満)が最も多く、次いで内視鏡的胆道ステント留置術の順となります。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 61 0.25 3.33 0.00 65.15
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 23 0.09 2.96 0.00 48.87
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 18 2.17 5.78 0.00 62.33
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 12 5.17 36.5 8.33 73.83
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.40 3.20 0.00 44.40

平成30年度中に退院した患者さんに実施した手術件数を表しています。
外科では鼠径ヘルニアの手術が最も多く、次いで痔核手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術の順となります。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 205 2.33 11.12 0.49 69.00
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 187 1.40 16.51 0.53 66.71
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 147 1.45 28.89 19.05 82.32
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 71 1.66 32.31 21.13 80.96
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 56 2.04 11.11 1.79 73.02

平成30年度中に退院した患者さんに実施した手術件数を表しています。
整形外科では椎弓形成術の手術が最も多く、次いで人工関節置換術(肩・股・膝)、骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿)の順となります。


産婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 51 1.10 7.04 0.00 68.90
K877 子宮全摘術 16 0.94 9.81 0.00 47.06
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 13 1.00 8.62 0.00 34.62
K8531 腟閉鎖術(中央腟閉鎖術(子宮全脱)) 10 3.00 5.60 0.00 74.60
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 10 0.90 8.80 0.00 33.40

平成30年度中に退院した患者さんに実施した手術件数を表しています。
産婦人科では膀胱脱手術が最も多く、次いで子宮全摘術、帝王切開術の順となります。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 0.75 4 0.00 77.75
K830 精巣摘出術
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー)
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術

平成30年度中に退院した患者さんに実施した手術件数を表しています。
患者数が10人未満の場合ハイフン(-)で表示されています。
泌尿器科では経尿道的尿管ステント留置術が最も多い手術となります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.37
異なる

播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者数と発症率を集計しました。DPC病名と入院契機が「同一」か「異なる」に分類して集計しております。「同一」とは、ある病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行ったことを表します。「異なる」とは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した違う病気による治療が主だったものになってしまったことを表します。
「手術・処置の合併症」については、主に術後の創部感染等が挙げられます。合併症は、どの手術においても一定の確率で起こり得るもので医療ミスとは異なりますが、できる限り発生しないよう努めております。
患者数が10人未満の場合ハイフン(-)で表示されています。

更新履歴


2019.09.10

病院指標を更新致しました。

新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター 消化器内視鏡センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。 メディア掲載情報
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間13:30~17:00
交通アクセスはこちら
看護部