病院のご案内

理事長挨拶

医療法人愛仁会 亀田第一病院 理事長・院長 渡邉 信也

地域の皆様方には、日頃より医療法人「愛仁会」(財団)をご利用戴き、衷心より御礼申し上げます。

当会は、1967年(昭和42年)に病院として開院致しましたが、事業拡大の必要性に迫られ、現在は下記の関連施設を運営するに至りました。「新生児の出生から老人の介護に至る迄」と「救急から在宅医療に至る迄」の幅広い医療と介護福祉分野に関わらせて戴いております。各施設はお互いに連携を取りながら、皆様に最善の医療と介護福祉サービスを提供することが出来るよう日々努力を積み重ねております。

病院は、1971年(昭和46年)には救急告示の認可を取得し、各施設とも地域に根差した地域密着型の施設として、医師、看護師、及び他の要員の充実に努め、専門的な医療機器の導入、設備の更新、建物の整備を行って参りました。
救急部門において対応できない疾患については、三次救急の医療施設または専門病院での対応をお願いしております。
また、各施設は、地域の診療所や基幹病院及び福祉関連施設などとの連絡を密にとり、スムーズな地域医療連携を行うことにより、常時最善の医療と介護福祉サービスが提供できる体制を構築しております。

当会の「理念」と「経営方針」は別掲載の通りですが、精神的基盤として「現場主義」(現場をよく見ること)と「和顔愛語」(和やかに相手の気持ちを思って話しかけること)を掲げ、医療と介護福祉サービスに取り組んでおります。
今後も、地域の皆様に安全で質の高い医療と介護福祉サービスを提供することができるよう職員一同心掛けて参りますので、引き続き皆様のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 医療法人 愛仁会
理事長 渡邉 信也

愛仁会の関連施設

「亀田第一病院」(新潟脊椎外科センター・新潟股関節センター)
「介護老人保健施設亀田園」
「訪問看護ステーションかめだ」
「在宅介護支援センターかめだ」
「新潟市地域包括支援センターかめだ」
「ふれあい歯科クリニック」

当院講義室設置の「和顔愛語」(雲洞庵45代住職の新井石龍禅師寄贈)

当院講義室設置の「和顔愛語」
(雲洞庵45代住職の新井石龍禅師寄贈)

新潟脊椎外科センター 新潟股関節センター リハビリテーション部門 超低線量X線画像診断装置「sterEOS(ステレオス)」を日本で初めて導入しました。 高画質・低線量のデジタルマンモグラフィシステム「AMULET Innovality」を導入しました。 メディア掲載情報
外来のご案内
受付時間8:30~11:30 14:00~15:30/TEL.025-382-3111/電話受付時間 平日14:00〜17:00
面会される方へ
面会時間9:00~20:00
交通アクセスはこちら
看護部